SSブログ

4K撮影&ハイスピードシャッターで最強すぎるコンデジ!「RX100IV」徹底スペックレビュー! [DSC-RX100M4]


image 
RX100シリーズが、実に4機目が登場して、更なる進化を遂げました!
その名も「RX100IV」(マーク4)。
4K動画撮影に加えて、ハイスピードシャッター1/32000秒を実現しました。
基本スペックは「RX100III」に機能を追加した感じですね。
なのでもちろんファインダーも内蔵していて、さらに解像度が上がりました。
いつか「Mark IV」が出ると思ってましたが、どんなふうに進化するのか楽しみでしたが
なるほどね、いろいろ進化できるもんですね。

image[51]image(7/31発売)
▼デジタルスチルカメラ
DSC-RX100M4:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

それでは「RX100IV」の徹底スペックレビュー!行ってみましょう!


image
見た目はRX100IIIと全く同じですね。
フラッシュやファインダーが内蔵していて、ポップアップします。

image

少し「RX100シリーズ」の歴史を語ると、
僕の持っている「RX100II」だけマルチインターフェースシューを採用して
フラッシュやファインダーは外付けで対応できるようになったんですが、
「RX100III」になってファインダーが内蔵して、マルチインターフェースシューの採用が
無くなってしまいました。
なので今となっては「RX100II」は少しマニアック向けのレアな機種ですね。
あと「RX100III」からレンズ性能がかわって、
撮影距離もワイド5cm、テレ30cmと凄く撮影しやすい仕様になりました。
ちなみに「RX100」「RX100II」はワイド5cm、テレ55cmでした。


基本レンズスペックが同じでグループ分けすると、
・28-100mm(F1.8-4.9) → 「RX100」「RX100II」
・24-70mm (F1.8-2.8) → 「RX100III」「RX100IV」

image 
RX100IV」のレンズは「ZEISS Vario-Sonner T*」を採用。
広角24mm-望遠70mmの焦点距離で撮影が可能。
24mm時は開放F1.8、70mm時でも開放F2.8と非常に明るいレンズとなっている。
先程も描きましたが、
撮影距離もワイド5cm、テレ30cmと凄く撮影しやすい仕様になりました。

image 
テレ端70mm時のレンズの出っ張り度合いです。
ズームレバーを採用しているので片手で気軽に電動ズームすることが可能です。

それでは同じレンススペックの「RX100III」と「RX100IV」の仕様比較です。


【スペック比較】DSC-RX100M3DSC-RX100M4
ソニーストア価格88,000円+税119,880円+税
センサー1.0型 Exmor R CMOS1.0型 Exmor RS CMOS
アスペクト比3:2
有効画素数約2010万画素
レンズZEISSバリオゾナーT*
9群10枚
F値F1.8-2.8
焦点距離35mm24?70mm (2.9倍ズーム)
撮影距離広角5cm、望遠30cm
手ブレ補正光学式
虹彩絞り7枚
NDフィルターオート/入(3段分)/切
液晶3.0型/約123万ドット
液晶可動域上に180度、下に45度
画像処理エンジンBIONZ X 
ファインダー0.39型ポップアップ式
電子ビューファインダー
有機EL:約144万ドット
0.39型ポップアップ式
電子ビューファインダー
有機EL:約236万ドット
露出補正±3.0EV、1/3EVステップ 
ISO125-12800※静止画・動画
(拡張80、100)※静止画
 
シャッター速度
(メカ)
最大1/2000秒
バルブ撮影対応
シャッター速度
(電子)
最大1/32000秒
モード:おまかせ,P,A,S,M
連写(/秒)速度優先:最高10コマ
連続撮影:2.9コマ(AF-S)
速度優先:最高16コマ
連続撮影:5.5コマ(AF-S)
スーパースローモーション機能960fps:VGA
480fps:HD相当
240fps:フルHD
フォーマット:XAVC S
60p/30p/20p
約2秒(画質優先)
約4秒(撮影時間優先)
4K動画記録4K(3840×2160)
連続撮影:5分
動画記録フルHD(1920×1080)
→ XAVC S、AVCHD
MP4(1440×1080)
記録メディアMS Duoシリーズ、MSマイクロ
microSDXCまで対応
(UHS-I)
HDMIマイクロ搭載(タイプD)
MicroUSBマルチ端子(USB充電可)
Wi-Fib/g/n(2.4GHz帯)
NFC搭載
PlayMemories
Camera Apps
対応
バッテリーNP-BX1
寸法(W×H×D)101.6×58.1×41.0
質量約290g約298g


image 

大きな変化点を言えば、ファインダーの解像度が約2倍近く上がったのと、
4K動画撮影に対応し、1/32000の高速シャッターに対応したってとこですね。
あと高速データ読み出しを実現する「Exmor RS CMOSセンサー」を採用してます。
若干重さが8gアップしましたが、それでもたったの約298gですね。

なので、ファインダーもオマケ程度で使えたらとか、
4K動画なんて撮らない、スーパースローモーション動画記録や
高速シャッターも要らないかなって方は「RX100III」で十分だということですね。


image[51]image(7/31発売)
▼デジタルスチルカメラ
DSC-RX100M4:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
 
image image image

image[51]

▼デジタルスチルカメラ 「RX100III」
DSC-RX100M3:88,000円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image

ソニーストアでの価格差は「31,880円+税」です。
ソニーストアご利用者によっては、
いろんなクーポンを併用することでお安く購入ただくこともできます。
例えば、株主優待+AV5%OFFや、HAP+5%OFFクーポンなど、
この他にも割引クーポンなどがあって、僕が知る限りでは最大25%OFFも可能かと。
それには事前に登録や投資が必要になってくるので
誰でもこの金額でってことには行きませんが、店頭でも7/31までキャンペーンを行っているので
ぜひご来店くださいね。
以下に割引クーポン利用後の金額やお得に買える「SonyCard決済」も含めた金額での
価格差を表にしました。購入時のご参考になれればなと思います。

 DSC-RX100M3価格差DSC-RX100M4
ソニーストア価格88,000円+税31,880円+税119,880円+税
▼AV10%OFF→79,200円+税28,692円+税107,892円+税
→SonyCard決済→ 76,824円+税27,831円+税→ 104,655円+税
 82,969円(税込)30,058円(税込)113,027円(税込)
▼AV15%OFF→74,800円+税27,098円+税101,898円+税
→SonyCard決済→ 72,556円+税26,285円+税→ 98,841円+税
 78,360円(税込)28,388円(税込)106,748円(税込)
▼AV20%OFF→70,400円+税25,504円+税95,904円+税
→SonyCard決済→ 68,288円+税24,738円+税→ 93,026円+税
 73,751円(税込)26,718円(税込)100,469円(税込)

この価格差を参考に、どうせなら「RX100IV」がいいかなって方は「Go!」ですよ!


image

あと発表と同日にこんなクーポンが僕に付いていました。
「長期保証5年ワイド無償クーポン」。どういった方に付くのかは分かりませんが、
僕は「α7」や「RX100M2」オーナーなので、たぶんこの辺かなって思うんですが、
でひ自分のクーポンをチェックしてみてくださいね!
「長期保証5年ワイド無償クーポン」をお持ちの方は期限切れまで要チェックですよぉ~。
image 



さてそれでは比較ではなく、本格的にスペックレビューを行いたいと思います。


image 

世界初!「メモリー」一体型1.0型積層型「Exmor RS」 CMOSセンサーを搭載。
「Exmor RS」ってスマホでよく聞くやつですよね。まぁセンサーサイズは違いますが...

今回CMOSセンサーを進化させる必要性があったのが、
4K動画記録と高速シャッター・スーパースローモーションの性能を実現させるためです。


image 

メモリー一体型というのは、
メモリーである「DRAMチップ」をCMOSセンサーに搭載しているところ。
これにより、5倍以上の高速な読み出しスピードを実現しています。

image 


なるほど!バッファと言うかキャッシュと言うか、
そう言ったものがCMOSセンサーと一体型になることによって
速さが実現できるんですか!
それにしても画像処理エンジンである「BIONZ X」は今まで通りなので、
読み出し速度が5倍になっても普通に処理できる「BIONZ X」は
いままで手持ちぶさただったってことですよね。ある意味「BIONZ X」スゲー!


image 

今回、「RX100IV」「RX10II」の電子ビューファインダーの解像度がアップしています。

・0.39型ポップアップ式 電子ビューファインダー 有機EL
約144万ドット → 約236万ドット

きめ細かくなるのは良いですよね。DMF時のピント拡大で威力を発揮することでしょう。

image 

液晶は自撮りができる180度可動液晶。
3.0型のTFT液晶で解像度は約123万ドットと高精細で見やすい液晶です。


image 
上に180度回転するだけでなく、下にも45度の角度が付けられる。




image 

それではスーパースローモーション機能からじっくり見ていきましょう!
まずは、YouTubeへのリンクを用意したので、以下の画像から見に行けます。


image
RX100 IV & RX10 II - Super Slow Motion - Dog


image
RX100 IV & RX10 II - Super Slow Motion- Seagull


image
RX100 IV & RX10 II - Super Slow Motion- Insects


image
RX100 IV & RX10 II - Super Slow Motion- Apple & Water Balloon

20倍(480fps)でも凄いけど、40倍(960fps)もほんと凄いですね!
もうプロでしか撮れないようなスローモーション撮影が気軽にできるようになりました。


image 

スーパースローモーション撮影をするときは、モードダイヤルを「HFR」を選べば
気軽に撮影することが出来ます。


image 

とにかくスローモーション撮影には凄い高速でシャッターを切って記録していくので大変。
これ動画になるからいいけど、写真なら1秒間に960枚になるので恐ろしいですよね。


image 

フレームレートと記録フォーマットによってスロー倍率がかわってくるのでご参考までに。
24p(秒間24コマ)・30p(秒間30コマ)・60p(秒間)から選べる。
あとセンサー読み出し有効画素数もそれぞれ2段階で選べるので、
画質優先なのか、撮影時間優先なのか選ぶことが出来る。

一見複雑そうに見えるが、実際に触れば多分難しく考える必要は無いと思います。

録画スタートのタイミングは従来通りのMOVIEボタンを押してから記録を開始する
「スタートトリガー」に加え、
MOVIEボタンを押した週間から時間をさかのぼり一定の時間を記録することができる
「エンドトリガー」も選択が可能。
「エンドトリガー」なら、予測できない一瞬の動きなど、撮影チャンスを逃さないですね!
これは便利です。


革命的スピードの
最高1/32000秒という高速シャッターで広がる表現の世界


image 

積層型CMOSセンサーが実現する、最高1/32000秒のシャッタースピード。
未だかつてない高速撮影の世界は、撮影者の創造力を掻き立て、創作意欲を高めます。

高速で動く被写体がゆがみにくくなるのも高速シャッターの恩恵。

image 

画素領域の上から下までのスキャンが5倍以上のスピードで高速にスキャンするので、
高速に動く被写体の動体歪み(ローリングシャッター)を抑えることが出来ます。


image 

連写速度も上がっていて、最高16コマ/秒(速度優先連続撮影時)
通常の連続撮影なら約5.5コマ/秒の連写が可能だ。


image 

あとシャッター速度が上げられるということは暗くもできるということ。
最大EV19までの高輝度撮影に対応しています。

例えば明るい場所で解放時のF1.8で撮影したい時に
通常の1/2000秒のシャッター速度では、ISOを拡張の80に設定したところで
暗くするのに限界があり、白とびしてしまいます。
なので結局適度な露出に落ち着くまで絞りを絞って撮るんだけど
せっかくのボケの効いた写真が撮れないんですね。

そこで、絞りを開放値のF1.8の状態でもシャッター速度を最大1/32000にすることにより
ボケを活かしつつ、被写界深度の浅いボケの効いた写真を撮ることが出来ます。
これは凄いわ!
なので、レンズ性能を超えたような、今までにない作品を残せるかもしれないですね。



4K動画撮影機能

image 

RX100IV」は、このコンパクトサイズでありながら4K動画記録に対応。
1インチセンサーを搭載しているので、画素加算の無い綺麗な4K動画記録が可能です。




ここにも高速処理が可能な積層型CMOSセンサーの恩恵で実現しています。
ただし「RX100IV」は条件があって連続撮影としては約5分で、
ショートクリップ感覚で思い出を手軽に残せます。「RX10II」なら連続29分が可能。
4K画質がポケットサイズで気軽に撮れるのはほんとうに良いですよねぇ。
僕もサブ機に欲しい!

image
RX100シリーズをお持ちの方に朗報なオシャレでかっこいいジャケットケースも同時発売!
上質感のある本革を使用したデザインケースです。色はブラウンとブラックの2色。

imageimage(7/31発売)ブラック・ブラウン
▼ジャケットケース
LCS-RXG:12,380円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
対応機種:RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100、HX90V、WX500


image

値段もしっかりしているだけあって、高級感がありますね。
最近出た「HX90V」や「WX500」にも対応していて幅広いのが良いですね。

image

こんな風にスッと抜き取れます。お一ついかがですか?
ブラックカラーもあるので要チェックですよ!


image

いかがでしたか?

基本スペックは安定の「RX100III」をベースにした仕様なのでまず間違いのない機種。
あれこれ全部入りの高性能っぷりは「RX100シリーズ」の頂点に立つモデルですね。
これで気軽に4K撮影でもしてみてはいかがですか?

以上、「RX100IV」の徹底スペックレビューでした!



image[51]image(7/31発売)
▼デジタルスチルカメラ
DSC-RX100M4:119,880円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image image


imageimage(7/31発売)ブラック・ブラウン
▼ジャケットケース
LCS-RXG:12,380円+税 → 詳細・ご購入はこちら
image image
対応機種:RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100、HX90V、WX500




image
もう紙は要らない!やっぱスゲェよ!「VAIO Z Canvas」で超快適にイラストが描けた!
→VAIO Z Canvas(モンスタータブレットPC)

image 
VAIO Z(モンスターPC):189,800円+税~


image



image[113][4]



ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・名古屋・大阪)で商品ご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・名古屋・大阪」リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------


▼可愛らしいダンボーグッズを揃えよう!

imageimage

cheero Power Plus DANBOARD version -mini- 6000mAh モバイルバッテリー
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Versionモバイルバッテリー
DANBOARD USB Cable with Micro USB connector (25cm)
REVOLTECH DANBOARD mini cheero ver. リボルテック ダンボー




imageimageimage 







nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 2

あき坊

おはようございます。
M3発売からあまり日が経っていない印象ですが、
モデルチェンジが早いですね。

by あき坊 (2015-06-30 05:38) 

taku

あき坊さん、おはようございます。
実はRX100IIIの発売日は2014.5.30でした。
気づけばもう1年以上経ってたんですね。
ぼくもまだ1年も経っていない気がいてましたが...
ちなみにこのシリーズはモデルチェンジじゃなくって
未だに初代から併売してラインナップが増えていってるだけなんですね。
金額も倍ほど違ってくるので予算と性能で好みのカメラをどうぞって感じですね。
僕のRX100IIが7月5日で丸2年になります。
この時はRX100IIIが出たのが速く感じましたね(笑)
RX100IVはかなり進化して買い替えた感がハンパ無いので欲しいけど金額も凄いよね。初代α7のボディが買えそうです!
by taku (2015-06-30 07:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。